15年9月30日
食わず嫌い

幼い頃から祖母に「好き嫌いをしたらあかん」と言われ続けて、お陰様で特に食べ物の好き嫌いはなく大人になりました。
もともと好奇心旺盛の方ですから、食わず嫌いということはありませんでした。
還暦を過ぎ、最近足腰の痛みやしびれ、胃がもたれたりむねやけしたりが多くなり、病院へ行っては出来る検査はおおよそしていただきました。
先生のお答は「深刻なものではないので、様子をみましょう。」でした。セカンド・サードと思いつく医療機関に行ってみました。お答は同じようなものでした。ところが最近漢方のお医者さんと鍼灸の先生に巡り会いました。
どちらかというとせっかちに生まれついた方ですので、薬効がゆっくりの漢方は私にはむかないと思ってました。鍼灸に至っては不思議なものでしかなかったのです。
ところが、これが食わず嫌いと同じで治療してもらうと、緩やかながら痛みがやわらいできました。もちろん新薬も飲んでいますし、病院には検査には行っていますが「東洋医学あなどることなかれ」ということになりました。
私くらいの年齢になるとどうも新しい事が苦手になりますが、一度しかない人生ですからいろいろとトライしていこうと思います。
*但し鍼灸は体に合わない方も多いのでお気をつけて!

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込