13年5月26日
永遠の寅さん・・・。

寅さんといえば、ご存知!「男はつらいよ」であります。
最近、衛星放送で毎日に近いほどこのシリーズが放映されています。懐かしくて何となく録画を始めましたら本数が多いので少々寝不足になっております。特別な思いはないのですが、私が中学生の時はじめて友達と連れだって二人で行った映画がこのシリーズでした。
底抜けに楽しく思いこみが激しく人情深い、お節介で喧嘩早い、そしておっちょこちょい。こんな人はこの世には存在しないような人です。この映画のシリーズをずっと観ていると気づくことは寅さんに関わった人々がそれなりに幸せになっていることと本当に悪い人が登場してこないように思います。
かって映画監督には何人かお目にかかったことがありますが、寅さんシリーズの山田洋次さんにはお目にかかる機会があれば、寅さんのいない「男はつらいよ」は出来ないものかと無理なお願いをしたいところです。シリーズの出演者には多くの方がすでに鬼籍に入られておりますが、まだまだ御壮健の寅さんファミリーもおいでなりますし、マドンナ役の皆さんもおいでになります。なんか出来ないか夢がふくらみます。
リタイアした博とさくらがとらやで団子を売り、タコ社長の印刷会社は娘婿がIT関連の会社にして忙しかったり、満男は寅さんのように全国を営業で飛び回るビジネスマンになっていたり、源公は出家して帝釈天の御前様の侍者をしていたり、両津さんみたいな警察官が出てきたり、寅さん大好きな人にはたまらない「その後の葛飾柴又」が出現するのでは・・・?

亡くなる前の渥美清さんは病気で痩せ細った姿を見せたくないと誰にも会われなかったようです。役者として一人の登場人物を貫くのはいろんなご苦労があったと思います。でも私にはどんな役をされていても永遠の寅さんです。
多くの人に愛され好かれる寅さんがうらやましく思います。

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込