12年12月30日
感謝申し上げます。

本年もあと一日となりました。5月に長老が遷化いたしましたので新年の御祝詞を申し上げられませんので、年末の御挨拶とさせていただきます。
11月には12年に一度の御本尊様御開帳法要を厳修させていただき12月5日に魔事無く結願を迎えるにあたりました。期間中全国各地より御参拝をいただき、開白法要中は長い時間お待たせいたし誠に申し訳ございませんでした。多くの皆様より色々なご配慮をいただき、お励ましの言葉に深く感謝申し上げます。
また大河ドラマ平清盛の放映により多くの方々が平家の時代に興味をお示しいただき清盛公座像を御拝観をいただきました。また各メディア・マスコミの方々には広報にご尽力をいただきながら当山の対応が追いつかずご迷惑をおかけし誠に申し訳なく存じます。
今年も寺はいつも通り静かな年の瀬を迎えております。
なにか一度に全部の事が終わったようで、何も手につかずに気持ちばかりが先走りします。しかしながら来年は当山開山1050年の節目の年となります。
11月16日より23日を記念法要の日と決めさせていただきました。
改めて御案内申し上げます。

振り返りますれば、本年も数多くの皆様にお助けをいただき支えていただき一年が終わろうとしております。言葉には尽くせませんが万感の思いを込めて深く深く深く感謝申し上げます。
来年もよろしくお願い申し上げます。

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込