11年12月30日
腹の底から笑いたい

今年もあと一日となりました。
今年は元旦の朝は大雪で雪かきから始まり、参拝の皆さんが無事に初詣にお越しいただけるのか、寺の職員共々ひやひやしながらのスタートでした。
そして3月には未曾有の大災害が起こり、何とか手助け出来ないものかと奔走しつつ祈り続けました。気が付けば季節は進み暖かさは暑さに変わっていました。今度は台風による大変な風水害が起こりました。
東北地方にも奈良や和歌山にもたくさんの信者さんや知り合いや友人がいます。辛くて辛くてどうすることも出来ずに無事を祈り復興を祈り続けた一年でした。今考えてみると今年は腹の底から笑ったことが無いように思います。
13日より大晦日まで新年の幸福を祈り本年を反省感謝するお念仏のお勤めいたしております。
来年は腹の底から笑える事の多い一年であればと心より祈ります。
良い年をお迎え下さい。

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込