10年8月15日
65回目の終戦の日

毎年今頃になると戦争の映画や戦争に関する番組がテレビで一斉に流れ始めます。人として戦争は最も忌み嫌うべきもので決して起こしてはいけない事と思います。私も多くの方々より戦争体験のお話を聞いてまいりました。たくさんの心に残るお話がありますが最近お話いただいた方はいわゆる神風特攻隊に志願し訓練を受け出撃を待つ間に終戦となり九死に一生を得られました。その方の出撃を待つ間の心境は「本来祖国を守るためという事は分かってはいるのだが心底は自分の家族や友人を守りたいという気持ちが一番でそれによって自分が死ぬという事の感覚は麻痺をしていた。」
「ある日いつ出撃命令が下るか分からない様な時仲間達と飛行場の片隅で集まって談笑していると話は故郷や家族の話になった。はじめは賑やかに話していたが徐々に言葉少なくなり最後には沈黙が続いた。そんな時その内の一人が故郷に向かって、お母さん・お母さんと叫び始めた。するとそこにいた特攻隊員全員が銘々にお母さんを連呼した。」このお話を聞いてまるで映画のワンシーンが目に浮かぶとともにその時の隊員達の心中を考えると震えがおきてしまいました。
世界には今も弾丸が飛び交い紛争中の地域があります。
我が国の現在の平和のために如何に多くの方の生命や血のにじむ様な努力があったかを忘れてはいけないと思います。
戦没者の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込