06年11月12日
32000人

ご存じでしょうか?
我が国の一年に不幸にも交通事故で亡くなる方は約10000人、その三倍強の32000人が自殺によっていのちを失われる方の数です。
経済的な理由や人間関係や大きな絶望や将来への不安によって毎年多くの方が自殺されています。自殺をしようとする人は必ずなんらかのサインを出されているようです。身の回りを急にかたづけたり、会いたかった人に会いに行ったり等々普段とは少しちがう行動をとられる様です。周りにいる者のちょっとした注意や気遣いで最悪の事態を回避出来ることも多々あるようです。
ではなぜ人は自殺するのでしょうか?理由は人の考えが全て違うように定義付けは出来ません。思考の狭窄(考えが極端に狭くなって、自殺衝動を実行する。)とか病気説等ありますが実際はよくわかっていません。
考えを押し開けて、苦痛があるから楽しい事やうれしい事が大切に思えるし、希望の灯が消えても次の灯をつけることが可能なのが人生であり、その醍醐味だと思います。
天寿を全うすることなく自らのいのちを絶つ前に誰かに話して一人が聞いてくれなかったら聞いてくれる人は必ずいます。あきらめないで・・・。死なないで・・・。
もしあなたの周りの人が普段と違う言動やサインを出していると感じたら、ただ静かにお話を聞いてあげて下さい。

山主

▲ページ先頭

トップページパーラミターへ寺史年中行事重要文化財六波羅蜜とは周辺地図御祈願 お申込